日々雑感 みぞぐち幸治のひとり言

2010年03月01日 (月) 06:01

心に残る挨拶

3月1日 今朝は恒例の朝詣会に参列するため青井神社に向かう。

長男が目覚める間に昨日のことを書いておく。

昨日出席した教育フォーラムでの村田副知事の挨拶。

とても良かった。

また色々な方に聞いてもとても評価が高かった。

通常、県職員の挨拶は知事挨拶代理の場合はもちろん、それ以外も必ずと言っていいほど

ペーパーを読まれることが多い。

無味無臭というか右の耳から入って左の耳から出て行くのがわかるような味気のない挨拶が多い。

内容は素晴らしいことが書いてあるのだろうが、胸には響かない。

そんな挨拶しか聞いたことがほとんど無かったが、昨日の村田副知事の挨拶は違った。

ご自分の若いころからの経験を基に、フォーラムのテーマに沿ったわかりやすい挨拶を

された。

今後、県職員が挨拶される場合の参考になる挨拶だったと思う。

そろそろ時間だ。神社へ長男と向かおう。