日々雑感 みぞぐち幸治のひとり言

2010年03月12日 (金) 08:28

一般質問開始! by 松岡


おはようございます。インターン生の松岡です。


今回の議会から、一般質問が始まりました。
代表質問では、県全体が抱える大きな問題や、これからの熊本県の方向性について鋭く切り込む、といった内容が多かったのですが、一般質問では、少しマニアックな質問や、質問をする議員が力を入れて取り組んでいる分野について等の質問がありました。
熊本県には、ダム問題などだけでなく、様々な問題があるのだということがわかりました。
特に、児童相談所と一時保護所のあり方については、虐待を受けたりして問題を抱えた子供が増えている現実とは対照的に、職員は人手が足りず、負担が大きい等といった問題があることを、初めて知りました。実のところを言うと、恥ずかしながら私は児童相談所が地元である八代にもあるということさえ知りませんでした。
子供への虐待といっても、身体的虐待や性的虐待、ネグレクト、心理的虐待なと様々な種類があります。それらの対処法について、関係機関や保護者から相談や苦情がくることで、職員でもメンタルになってしまう人が多いそうです。
そのように、子供が苦しむ世界をつくらないようにするためには、やはり親学というものが重要ではないかと思いました。いま、「子供とどう接すればいいのかわからない」という親が増えているそうです。私は、子供と話し、触れ合う時間を増やすことが、なにより大事なことだと思います。親がそういった機会を持とうと――親であるならそう思うのが普通であってほしいと願いますが――思えるよう、学校などでも親に対して、子供との付き合い方を呼びかけていったり、講演会への参加を呼びかけたりなどということを、どんどんしていくべきだと思いました。

今日は一般質問二日目です。どのような質問が出るのか楽しみです!

では、失礼します。