日々雑感 みぞぐち幸治のひとり言

2010年05月14日 (金) 11:58

福岡繊月会

繊月午前11時58分。県議会棟で作成。

さすがに人吉から県議会棟までの移動は事務所スタッフのイ

ケメンM志に運転を頼んだ。

運転をしなくて済んだのでその間、畜産農家に電話。

みなさん戦々恐々としてる。

いつ口蹄疫が入ってくるか?

今の防疫体制で大丈夫か?

いつまで続くのか?

もし入ってきたら廃業するしなかい。

毎日、不安な日々を送られていることだろう。

そんな中でも、本当に行政の対応には感謝しているとの声も聞かれた。

そんな声を聞くと「もっと頑張ろう」と思う。(意外と単純なんです

さて、昨日の福岡繊月会のことを書いておこう。

この画像は昨夜、私のテーブルでは一番人気だった繊月酒造の「たる繊月」

名前の通りたる仕込みで参加者からは「コクがあって旨い」と評判だった。

テーブルの上にはその他に「舞せんげつ」「峰の露」「川辺」と豪華に並んでおり、もちろん乾杯

も焼酎だった。

私にとっては福岡事務所の所長以外ははじめて会う方ばかりだったが、皆さんと楽しく話すこ

ともできた。

特に私のテーブルの方々は私のグラスが空くと次から次に氷と焼酎を注いで頂き親切にして

頂いた。

繊月酒造の社長は人吉商工会議所の会頭なのだが、はじめて我が家の仕事を一生懸命に

やられている姿を拝見した。

美人の娘さんと共に良いコンビだった。

今月の23日には人吉市の繊月酒造で恒例の「繊月まつり」も開催される。

私も毎年、出席しているが、なんといっても年に一度しか飲めない古酒も飲める。

もちろん美人の娘さんも見ることができる。

是非、一度、お越し下さい。