日々雑感 みぞぐち幸治のひとり言

2011年02月23日 (水) 07:40

国宝にふさわしい景観

看板
今朝はランニングからスタート。

昨日の竹島の日のことをもっと書きたいが時間がない。

今日は嬉しいニュースを一つ。

数年前から青井神社周辺を国宝にふさわしい景観にしていこうと取り組んできた事業が完成した。

神社近くにある道路案内の看板がさりげなく神社をイメージさせるような看板に変身。

なんど見ても良い雰囲気だ!

この事業は金子代議士が国土交通副大臣の時にお願いをして採択してもらった「建設業元気回復事業」

もともとは大分の宇佐神宮近くには鳥居をイメージするような看板が設置してあるとの情報を鳥越英夫さんから頂き検討がスタート。

振興局の職員の方々とも数年検討してきた矢先に金子代議士から事業の紹介があり現実のものとなった。

神社周辺に2か所設置してある。

あくまでも国宝青井阿蘇神社にふさわしい景観整備の一環なので、あまり目立つこともなくさりげなく立っているところが私は気に行っている。

PS この事業に取り組んで頂いた振興局、建設業協会人吉支部、そして受注された業者の方々に心から敬意と感謝を表します。