日々雑感 みぞぐち幸治のひとり言

2011年05月07日 (土) 01:43

総合的に判断したのか?

菅直人首相が中部電力浜岡原子力発電所の全面停止を打ち出した。

日本、あるいは世界の今後のエネルギーのあり方など、総合的に判断したのか?

それとも今の政府に対する人気取りのためにやったのか?

後者でないことを願いたいが、現時点では、あまりにも唐突でその場しのぎにしか感じることができない。

九州でも夏に電力供給不足に陥る可能性が出てきた。

我々も政府にだけ頼るのではなく、自分達の生活全体を見直すことも必要だと思う。

まさに国難である。

危機的状況が日増しに高まって来ているように感じる。

国民に希望を与える政治状況を作り出すためにも、国会議員の総力を結集して事にあたって頂きたい。