日々雑感 みぞぐち幸治のひとり言

2011年08月29日 (月) 07:36

激戦!

がんばろう 日本!東日本大震災復興支援 都道府県議会親善野球大会が26日から28日の日程で愛媛県松山市で開催されました。

27日に我が熊本県議会は1回戦で大阪府と対戦。

情報によると維新の会とやらを中心に数年前とはメンバーが入れ替わりかなり若いチームとなっていました。

時よりムッとくるような大阪弁の野次を飛ばされながら、6回表まで0対6と敗戦ムードが漂っていたが、6回裏に一挙8点を奪い、その裏の最終回を0点に抑え、劇的な逆転勝ち。

次の試合は香川県。

15対0で完勝。

しかしながらこの2試合で若手の橋口議員と高野議員が名誉の負傷!

二人のファイト溢れるプレーがあってこその勝利だったのに残念。

一日も早い回復を祈っています。

28日の決勝戦は神奈川県と対戦。

このチームも30代40代を中心としたチームで勢いがあったが、熊本県議会の団結力が上回り、15対9で勝利し優勝。

この試合でも背番号51の池田県議が名誉の負傷!

本人はイチローになりきってプレーしているが、どう見てもSLのD51みたいな動きにしか見えない!

9月は一般質問とのことですが、しばらく安静にして下さい。

私は3試合連続で3番捕手としてフル出場。

誰も代わってくれそうな雰囲気もなく、時より襲ってくる熱射病のような症状と闘いながら、まるで耐暑訓練のような2日間を無事に乗り越えた。

昨日、帰る途中で監督に「キャッチャーのお陰で勝利した」との温かい言葉を掛けてもらい、その疲れも吹っ飛んだが、今朝は筋肉痛と疲労でようやく起床しました!

ということで優勝はしたものの激しい試合でドラマも盛りだくさん。

例えば、MVPはとったが、試合の途中で転んで傷だらけになってプレーを続けた吉永県議。

2日連続二日酔いの中、主将として責任ある行動を取り続けたが、最後に足がつって途中交代した松田県議。

2日間連続で負傷者に随行して救急車に乗った貴重な経験をした議会事務局の竹本さん。

いつも立派な議会事務局長の井川さん?などなど話は尽きません。

 
詳しい話はそれぞれの選手、職員に聞いて下さい。

報告終わり!