日々雑感 みぞぐち幸治のひとり言

2011年11月24日 (木) 06:10

ドイツ視察報告2

ウルム大聖堂ドイツ視察の報告です。

ドイツ南部にあるウルムを訪問しました。
目的は2つ。

ダイムラー社から提案がなされウルム発で拡がってきたカーシェアリング・プロジェクトについて

もう一つは低エネルギー建築について

今日はカーシェアリングについて報告します。

この画像は説明を受けた近くにあったウルム大聖堂、高さが161メートルで、世界一の高さを誇る教会だとか!

カーシェアリング私達が訪れた時は霧で上の方が途中から見えませんでした。

もう一つの画像がダイムラー社の超小型車ブランド、スマート2人乗り。

非常に小さい車なので、1台の駐車場に
2台停めることができるとのこと。

カーシェアリングとは、車が必要な人が自分の車を持たずにシェアリングすること!

登録手続きを済ませると市内に配置された車を自由に利用できて、市内に整備された駐車場に返せば良いシステム。

一度登録をしておくと、あとはいつでもパソコンや携帯からも予約が可能。

我々に説明してくれた担当者によると、ダイムラー社がウルムで試験的に始めたこの取り組みが基になり、他社も参入してきた。

また他の都市でもカーシェアリング事業が開始されている。
今後は100万都市を対象に拡げていく。と話されていた。

この事業がそのまま日本でも通用するとは考えにくいですが、発想自体はとても魅力的なものであり、大いに参考にすべきことだと思います。

最後に、もっと詳しく説明があったのですが、大聖堂が見える広場、つまり屋外での説明がほとんどだったため、寒くて聴き逃したことがあったかもしれません。
とにかく外は寒かったことを思い出しました!