日々雑感 みぞぐち幸治のひとり言

2011年12月20日 (火) 07:41

対話と圧力

おはようございます。

最近ランニングが出来ていません。

出産後に妻は実家へ。

子供達を学校や幼稚園に送り出す準備に洗濯等など!

時間見つけて走らないと忘年会シーズンは乗り切れません!

さて、北朝鮮の金正日書記長が死去されたとの報道がありました。

後継者が誰になるのか?

どんな人達が影響力を持つのか?

北朝鮮国内でどのような動きがあるのか?

政府はしっかりと情報収集し、監察を強化しなければなりません。

また、同盟国との緊密に連携を取りながらあらゆることを想定する必要があります。

そして、未だ解決に至っていない拉致問題については、拉致された方々を一人残らず日本に帰すことが重要であるということを、北朝鮮が喪に服す期間を考慮しながら日本政府はしっかりと伝えるべきだと思います。

その他にも核やミサイルの問題もあります。

これからも対話と圧力が重要です。

これらの問題を解決しないと国交正常化はあり得ないという日本の強い意志を示すためにも圧力が特に重要です。