日々雑感 みぞぐち幸治のひとり言

2012年08月23日 (木) 20:59

社会保障制度に関する青年局提言

社会保障勉強会こんばんは。

社会保障に関する勉強会を通じて青年局提言の取りまとめを行いましたが、8月22日付で谷垣総裁、茂木政調会長に申し入れが行われたとの報告がありました。


提言の内容は

1.社会保障制度改革国民会議の委員の任命は、解散総選挙の結果、新たに国民の信頼を勝ち得た内閣総理大臣が行うこと。

1.社会保障の担い手の中心となる世代を委員に任命すること。
また、委員の数、選考も若者の声を最大限に反映すること。

1.地方の声を反映するため地方の代表を委員に含めること。

1.国民会議で議論するテーマを年金・医療・子育てなどに限定せず、若年者雇用や就労支援によるセーフティーネットの構築など、若者が直面する課題についても取り組むこと。

1.社会保障の効率化・簡素化をさらに進めるとともに、負担する側と給付を受ける側の双方にとって公平・公正で、それぞれが当事者意識を持てるように「負担と給付の見える化」をシュミレーションの公表等により実現を図ること。

1.国民会議が開かれるこの1年だけでなく、引き続き党内の委員会等でフォローアップするなど、責任を持って持続可能な制度改革を進めること。

今回の提言は三党合意に明記された国民会議設置に合わせた提言です。

自民党青年局としては今後も社会保障制度全般について議論を重ねて行きます。

PS この写真は一緒に勉強会に参加した東京都豊島区議会議員の細川正博君が撮ってくれたものです。