日々雑感 みぞぐち幸治のひとり言

2012年10月15日 (月) 21:44

人吉市の誇れる取組み

こんばんは。

おくんち祭の神幸行列は平日だろうが、休みだろうが、9日と決まっています。

そのような中、今年のおくんち祭り期間中に人吉市では、観光庁認定事業として「家族の時間づくり」プロジェクトが実施されました。

その内容は市内の小中学校について10月9日(火)に学校休業日にし、4連休に!

10月6日(土)から9日(火)の間に、地域とのふれあい、家族の団らん、親子の語らいなどの家族そろって楽しめるイベントとして、「おくんち祭り」など様々なイベントが開催されたそうです。

今年はその結果、大畑小学校、人吉第三中学校が神輿を創って参加してくれました。

これは、おくんち祭の歴史に新しい一ページを刻んだ画期的な出来事です!

今回の人吉市の取り組みのおかげです。

特に参加した児童生徒、保護者の皆様方、また観客の皆様方にも大変喜んでいただきました。

その他にも球磨郡の小学生の姿も拝見することができました。

球磨工業高校は神幸行列への応援はもちろん、自分達で制作した新しい神輿をOB会の方々と共に元気よく担いでくれました。

三中や大畑小学校、球磨工業高校にしても、要は校長先生をはじめ先生方、保護者の考え方しだいですね!

ただ、今回の家族の時間プロジェクトに対して色々なご意見もお聞きしています。

学校は休みだけど、保護者が勤める会社は!などなど。

修正すべき点があれば来年に向けて改善し、さらに球磨人吉らしい「家族の時間づくり」プロジェクトに進化することを期待します。

賛否あっても、思い切って一歩踏み込んだ、今回の人吉市取り組みは全国に誇れる取り組みだと思います。

関係者の皆様、お疲れ様でした。