日々雑感 みぞぐち幸治のひとり言

2013年06月17日 (月) 07:07

馬場せいし議員6

馬場せいしおはようございます。

馬場せいし議員シリーズも6回目となりました。

思いつくまま私の中の印象的なことについて書いてきました。

馬場せいしさんの議員辞職にあたって、これだけは伝えたいとも思いから書いています。

これまでも何度も馬場せいしさんには国政に挑戦するチャンス、挑戦して欲しいとの要請がありました。

しかしながら、「国会議員に魅力を感じない、今の役割をしっかり果たすことが熊本のためになる」との一貫した主張を繰り返してこられました。

そんな馬場せいしさんに、この夏の参議院選挙の闘いに、我々、県議団はじめ友好団体から出馬要請をさせて頂きました。

大事な参議院の一議席を取返し、「チームくまもと」を強化すると共に、地方のことが分かる、地方政治のスペシャリストが今の国政に必要だとの思いからです。


馬場せいしさんはみんなの声に応えて決断されました。

今、毎日、熊本県内を一生懸命に自分の思いを伝えて回っておられます。

これまで書いてきたように、馬場せいしさんの実績については申し分ありません。

しかし、このような実績、活動を県民の皆さんに伝えることは至難の技です。

一人でも多くの方に私から見た「馬場せいし」を伝えたいとの思いから書きました。

多くの皆様にこの想いが伝われば幸いです。

「馬場せいし議員とは1」 「馬場せいし議員2」 「馬場せいし議員3」

「馬場せいし議員4」 「馬場せいし議員5」