日々雑感 みぞぐち幸治のひとり言

2014年02月27日 (木) 07:20

視察を終えて

おはようございます。

今回の福島県南会津郡南会津町「前沢曲家集落」
下郷町「大内宿」の視察に行ってきました。

前沢集落は伝統的建造物群保存地区に選定されています。

人口は42人、65歳以上が50%を超えている。

茅場の育成、茅の確保、地域住民が主体となるシステムについては

今後の大きな課題であるとの説明を受けました。

この写真が前沢集落ですが、雪が積もって茅葺屋根は見えませんでした!
前沢地区


















次に大内宿。

茅場の確保、茅職人の育成、地域住民でつくる大内宿保存会の役割

文化財保護法が大内宿を残すために改正されてきたこと等など

とてもためになる説明を受けました。

何より、建造物群を守るだけではなく、先人達が守り続けてきた

文化や風習、神事等の伝統行事、人々が生きてきた証を大切にすることが

大事なことだと教えて頂きました。

こちらも雪で茅葺屋根は見えず!
大内宿



















この視察を通じて色々な学びがありました。

球磨人吉の青井阿蘇神社を始めとする歴史的建造物、

相良三十三観音やその他の文化財や風習を

どのように保存し活用して行くのか。

これは球磨人吉だけではなく、熊本県にとっても大きな課題だと思います。

今後は心ある方々と車座になって夢や希望を語り合いたいものです。

是非、囲炉裏で!(大内宿で撮ってきました)
大内宿2