日々雑感 みぞぐち幸治のひとり言

2014年07月23日 (水) 07:41

目線が違う

空中通路おはようございます。

昨夜、ある医療法人の事業説明会に出席しました。

人吉市内の中心部を走る国道445号に

空中通路を作る計画の説明でした。

説明会前から事前に申し込みしていない方は
受け付けない、

マスコミはシャットアウトという厳重な警戒の中で説明会がスタート。

説明会の中身はここでは詳しく紹介しませんが、

最後に代表の方のご挨拶という名の反論で、

出された質問や意見は全否定!

挙句の果てには、質問や意見のレベルが低い、

医療法人側の説明が正しくて、住民側が意見は心に響かないと

言わんばかりの上から目線の言動行動で説明会が一応終了しました。

今回の説明会を通して医療法人側は我々地元住民と全く別の目線で

物事を見ていることが良く理解できました。

熊本市内との比較もされていましたが、そもそも熊本市内とは

文化も歴史も全く違う相良藩ということをご存じないようでした。

空中通路を作るかどうかの許可を出すのは県です。

残念ながら説明会には県の姿はありませんでした。

法的には住民説明会もいらないそうです。

県は事業者からの申請に基づき法に照らし合わせ淡々と処理をするそうです。

事業者と県の対応に注目です!

PS 久しぶりに不愉快な会に出ました!