日々雑感 みぞぐち幸治のひとり言

2016年04月01日 (金) 06:59

たいせつな やくそく

教育勅語






















おはようございます。

今日から4月です。

子供達も長男が中2、長女が小5、次女が小2、次男が年中、

それぞれ進級します。

県職員、教職員も昇進や異動がありました。

小さい頃から知っている近所の可愛い娘が市役所職員になるそうです!

世の中は意外と大きく動いているのだなぁ~と実感しています。

そのような中、私は昇進も昇給もありませんが、

政治生活14年目に入ります。

今朝の朝詣会で宮司から教育勅語について話がありました。

明治維新以降、急速な欧米化によって日本古来の道徳心が

失われつつある状況をご心配なされた明治天皇が、

国民道徳の大本をお示しになられ、徳育によって国民を守り、

より良い社会(道義国家)となるように示されたのが教育勅語です。

その中身は、ご先祖様、いつもありがとうございます。

家族みんな仲良く、友達とは助け合いましょう。

思いやりの心をもって、みんなに優しくしましょう。

世のため人のために働きましょう。等々

子供達にも読み聞かせしながら、

自分自身も今一度、その意味を噛みしめ、

今年度も頑張ります。