日々雑感 みぞぐち幸治のひとり言

2016年08月23日 (火) 07:24

そこに愛があるのか

おはようございます。

日本のメダル奪取で連日、感動したオリンピックが終了しました。

日本代表の皆さん、感動をありがとうございました。

一方、甲子園での熱い戦いも終わりました。

熊本県代表の秀岳館も惜しくも準決勝で敗退したものの

素晴らしい試合を見せてくれました。

秀岳館の活躍は熊本県の誇りです。

ありがとうございました。

オリンピックも甲子園も監督・コーチと選手との関係について

考えさせられました。

どんなに厳しい練習でも、怒られても目標が達成できる、

あるいは充実した戦いができるのは、

そこに愛があるかどうかではないでしょうか。

監督・コーチが選手に対して愛情を持って接しているかどうか!

選手が自分の技術の向上のために、

目標を達成するために、また人間力を高めるために

監督・コーチが色々なものを犠牲にして指導してくれる!

それを選手が感じ取ることができるから

監督・コーチと選手の間に信頼関係が生まれるのではないでしょうか。

私達は色々な場面で教えたり、教えられたりしますが、

そこに愛があるのか!大事な視点だと思います。

ちょっと恥ずかしいですが、愛って大事ですよね!

さて、昨日に引き続き、委員監査のため県庁に向かいます。

今週は25日まで毎日、9時半から16時まで監査です。

その合間に9月定例県議会の一般質問の準備や

請願書関係の調整をします。

鍛えられる一週間になりそうです。