日々雑感 みぞぐち幸治のひとり言

2018年04月23日 (月) 08:08

お別れ

おはようございます。

「巨星落つ」

まさにこの言葉の通り

私にとって偉大な政治家

松村昭元県議会議長が

お亡くなりになられました。

私が政治の道に進んだ時から

ご指導を頂きました。

特に初めて県議会議員選挙に

挑戦した時


ご自分の選挙をしながら

私の選挙の支援に力を注いでいただいた

ことは忘れられません。

また当選後もさまざ様々な

アドバイスを頂きました。

私が当選した時にはまだ派閥が存在しました。

松村先生はご自分が所属する派閥に

私を誘うことなく

当時、派閥の解消を訴えられていた

前川先生(現 県連会長)について

いくように指南されました。

私には常々「焦るな 

必ずお前の時代が来る

それまで力を蓄えろ」

「球磨人吉のリーダーとなれ」と

言われていたことを思い出します。

今日が葬儀、

最後のお別れをさせて頂くと共に

松村昭先生の期待に副えるような

人間になることを誓ってきます。