日々雑感 みぞぐち幸治のひとり言

2008年01月31日 (木) 18:36

2008年1月の日記

  2008 / 1 / 31 ( 木 ) 22 : 31 : 35
中国製の餃子中毒事件には怒りがこみ上げてきます。
賞味期限が過ぎた商品が売られていたり、産地が違う牛肉が使用されていたり等の偽装問題とは全く次元の違う、本当に恐ろしい事件です。

流通経路や農薬の検査体制、症状が出てからの公表までの関係機関との連携など、もちろん検証しなければならないとは思います。
しかし、もっと大事なことは中国政府に対して毅然とした態度で抗議をし、国家として国民の生命を脅かす様なことは絶対許さないという姿勢を見せることではないでしょうか。

北京オリンピックは本当に大丈夫でしょうか。


    2008 / 1 / 27 ( 日 ) 22 : 51 : 03
大阪国際女子マラソンを見ました。
注目の福士選手は毎年、人吉のマラソン大会にゲストとして人吉出身のワコールの永山監督と共にきて頂いております。
そのようなご縁から私は福士選手のファンです。

今回は勇猛果敢に北京オリンピックの出場権を狙ってマラソンに挑戦され、今日のレースでも一切のかけ引きなしに力の限り走り、ゴール間じかで何度も転倒しながらも、起き上がって42.195キロを走り抜いた姿、まさに「夢に向かって力の限り挑戦する姿勢」から私は勇気と感動を頂きました。

これからの活躍に大いに期待しますが、まずはゆっくり休んで頂きたいと思います。福士選手、永山監督、本当にお疲れ様でした。

2月17日の人吉春風マラソン大会にゲストとして着ていただく予定ですが、今回はゆっくり温泉に入って頂いて英気を養って頂きたいと思います。


    2008 / 1 / 24 ( 木 ) 22 : 49 : 37
今日は蒲島郁夫さんが球磨人吉にお越しになられました。
目的は二つ。一つは川辺川ダム建設予定地視察と五木村の方々と意見交換を行うこと。
もう一つは、球磨焼酎振興のために関係者の方々と意見交換を行うこと。だったようです。

蒲島さんの「人の話を謙虚聞く姿勢」と「自分の意見ははっきりと主張される姿勢」には共感を覚えましたし、何より意見交換した方々も満足されたようでした。

特に球磨焼酎をはじめ県産酒の振興はしっかりとマニフェストに掲げてもらいたいものです。

私もはじめてゆっくりと話す機会を頂きましたが「素直に議論ができて信頼できる方」であることを強く感じました。

「党利党略ではなく県民のための県知事選挙」しっかりと実践していきたいと思います。


    2008 / 1 / 21 ( 月 ) 20 : 27 : 52
京都は寒かったです。
風邪を引きかけた状態で京都に行きましたが完全に風邪を引いてしまいました。

お蔭で本日は色々な予定はキャンセルさせて頂き、病院で診察後、家で休んでいましたが、M田先輩県議のご指示により知事選関係についての打ち合わせを行いました。
知事選まで62日しかないそうです。
寝ている暇などありません!
早く体調を整えて頑張りたいと思います。


    2008 / 1 / 18 ( 金 ) 11 : 23 : 00
今日からJCの京都会議に行ってきます。
その合間を縫って国宝、世界遺産視察を精力的に行いたいと思います。
国宝とは実際どのようなものなのか、保存方法や周辺の景観形成はどのようにおこなわれているのか、実際に自分の目で体で体感してきたいと思います。


    2008 / 1 / 17 ( 木 ) 01 : 17 : 20
蒲島郁夫さんの「運命」という本を読みました。
この本は既に絶版になっているそうですが、私の事務所スタッフのT君がインターネットを駆使して、中古ではありますが手に入れました。

私は絶版と聞いた時点であきらめていましたが、さすがT君です。頼りになります。

さて、この本を読めば蒲島さんの生い立ち、これまでの経験、ものの考え方が良くわかります。

率直な感想は「決して自民党に近い考え方をされる人ではない」「しかし、その時、その時を一生懸命に生きることで、より現実的な対応を自然とされてきた方ではないか」と思いました。

この本を読んで、今回の知事選出馬は決して偶然ではなく、必然的に起こったことであるとの印象もあわせて感じました。
やっぱり政策協定が大切です!

このような感想を書くほど私が見識がある訳ではありませんが、少しでも「人間、蒲島郁夫」という方を知って頂く材料になればと思い紹介させて頂いております。

多くの県民の皆様方に本人を知って頂くことから始める戦いは相当大変です。


    2008 / 1 / 14 ( 月 ) 22 : 45 : 04
蒲島郁夫さんにお会いしました。
第一印象は「普通の感じの良いオジサン」でした。
オジサンとの表現は失礼かもしれませんが、私の両親と同じ昭和22年生まれということで、そのような印象を持ったことを理解して下さい。

蒲島さんの自己紹介を聞いていると、本当にユニークな経歴の持ち主であることがわかりました。
話の中では「綺麗な選挙、理想の選挙を戦うことが、政治を良くすることだ」との強い信念が印象的でした。

人柄はすばらしい方だと思います。
後は、本格的に政策のすりあわせが必要です。
決して政党のためではなく、特定の団体のためではなく、「県民のための知事選挙!」忘れないように頑張ります。


    2008 / 1 / 11 ( 金 ) 20 : 10 : 03
自民党熊本県連が蒲島郁夫氏に出馬要請を行いました。
私は私なりに情報収集していますが、確かに悪く言う人は誰もいません。また、たいへんユニークな方で知っている方は絶賛されます。
しかし、知名度があるかというとそうでもないような気がします。
いずれにしても「百聞は一見にしかず」です。
明日、山鹿市で講演があるとのことですので、聴きに行って見ます。


    2008 / 1 / 2 ( 水 ) 18 : 45 : 17
新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。

さて、元旦は恒例の青井阿蘇神社の歳旦祭に早朝5時から参列しました。今年は5歳の長男も早起きをしてついてきました。
とても寒い朝でしたが、今年も良いスタートが切れました。

今年は知事選挙、衆議院議員選挙などが予定されております。
まずは健康に注意して色々な課題に取り組んで行きたいと思います。
特に県知事選挙は重要です。
誰がなっても厳しい舵取りを強いられそうですが、まさに県民総力戦でこの厳しい時期を乗り切らなくてはならないと考えます。

この時代に必要な、厳しい課題にも逃げずに我々と共に戦ってくれるような候補者を応援したいと思います。