日々雑感 みぞぐち幸治のひとり言

2009年02月07日 (土) 22:03

国民世論の喚起が重要

午後10時18分。抹茶オーレを飲みながらブログ作成画面を開く。

今日は北方領土の日。

北方領土とは、択捉島、国後島、色丹島、歯舞群島のこと。

北方領土問題とは、大東亜戦争の末期、日本がポツダム宣言を受諾し、降伏の意図を明確に表明したあとにソ連軍が北方四島に侵攻し、日本人島民を強制的に追い出し、さらには北方四島を一方的にソ連領に編入するなどし、ソ連が崩壊してロシアとなった現在もなお、北方四島を不法に占拠し続けていること。

改めて基本的なことは抑えた置かなければと思う。

今日は全国の青年会議所の同志が街頭に立って北方四島の返還を求める署名活動を全国で展開したとのこと。

北朝鮮による日本人拉致問題、竹島の問題等と同様に国民世論を喚起して1日も早い解決を目指していかなければならない。