日々雑感 みぞぐち幸治のひとり言

2009年02月15日 (日) 22:05

祥援隊発足!がんばれ松村参議

午後10時6分。熊本市内で開催された松村祥史参議院議員「祥援隊」発足式から帰宅。

松村祥史参議を支援する県内の有志が、しかも若手を中心として約1000名集まった。
なかなか熊本市内のホテルを満杯にするのは難しいことだが、さすがだった。

しかも、会場に来られた方は全員と言っていいほど感動されたのではないかと思う。

松村参議の話も良かったが、なんといってもゲストの松山千春さんの話も良かった。

面白おかしく、笑を交えながらの話であったが、中身もあった。

「松山千春は金で動くことはない、いくら積まれても、嫌なものはいやだ!この人のため、と思う人のところしかいかない」
と話されギター片手に「恋」「長い夜」「大空と大地の中で」の3曲を披露された。

私は幸い一番前の席だったので2メートルから3メートルの距離で聴くことができた(感動)

その他にも久しぶりにお会いする方々も多く、大変有意義な時間を過ごすことができた。

私もわざわざマラソンの後に熊本市内まで来たかいがあった。

よく考えると、昔から松村参議に誘われていった会合で損したことはなかった

改めて、こんな方が先輩であることを嬉しく思った。

来年の参議院議員選挙!頑張ります。