日々雑感 みぞぐち幸治のひとり言

2009年03月04日 (水) 21:04

梅酒は地産地消と中小企業振興基本条例

午後9時4分。自宅で梅酒!を飲みながらキーボードを叩く。

梅酒と言えば・・・

そうそう5月25日に思いつきでつけた梅酒のこと。

約10ヶ月たったので梅を除いて一升瓶に移したものを飲んでみた。

梅~酒

どこかの宣伝みたいな雰囲気になった

梅2キロに砂糖2キロそして球磨焼酎を2升入れたら、最終的には一升瓶2本と4合瓶2本ぐらいになる

梅は溝口家の庭産、砂糖は地元商店で買ったもの、アルコールはもちろん球磨焼酎大使としては球磨焼酎

まさに地産地消推進県民条例と中小企業振興基本条例の組み合わせだいかん頭の中が完全に今回の条例制定で洗脳されている

この地産地消推進条例と中小企業振興基本条例が、まるでインフルエンザのように(不適切な表現であればお詫び申し上げます)

表現を代えて・・・(思い浮かばない

県内の隅々まで浸透するようにPRを続けて行きたい。

この梅酒

地産地消PTのメンバーやお世話になった議会事務局の職員、議論に加わった執行部のメンバーにも飲んでもらいたい

自民党では会長や議員団長にはおそれ多くて進められない
幹事長は酒が飲めないし、政調会長は甘いものが好きではなさそうなので止めておこう

自民党県連職員の方々の一部はどれだけでも飲みそうなので止めておこう

事務所スタッフのT君にはバカにされそうなので作ったことも内緒にしておこう

チームみぞぐちのTO監督には少しだけ飲んでもらいたい気がするが、「球磨焼酎はお湯割りで」とのこだわりをもっているので梅酒は合わないかもしれない

ということで

こっそり連絡してきた方とだけ一緒に飲みたいと思う