日々雑感 みぞぐち幸治のひとり言

2009年06月29日 (月) 06:57

太田家住宅(国指定重要文化財)

太田家住宅午前6時57分。

球磨郡多良木町に国指定重要文化財の太田家住宅というのがある。

これは焼酎を製造していた江戸時代の民家。

平成18年から21月から平成21年の5月までかかって保存修理工事が行われた。

ここも球磨人吉地方の歴史的建造物の特徴である茅葺屋根だった。

多良木町ではこの修理された太田家住宅を地域に条件付で開放し、文化財を活用したまちづくりを目指そうとしているとのことだった。

私が多良木町長だったら、まずは多良木町に来る大切なお客さんを接待する迎賓館的な活用を考えてみたい。(注・多良木町長には立候補することはない!)

地域のおばちゃん達やJA女性部と連携し地産地消の料理を提供してもらう。

焼酎は多良木にはいくつか蔵元があるので、ここでしか飲めない古酒等の焼酎を提供してもらう。

これだけでも良い接待ができそうだ。

文化講演会みたいなものも頻繁にやりたいなぁ~

コンサートもいいなぁ~

また、多良木町には青蓮寺阿弥陀堂(国指定重要文化財)、王宮神社楼門(県指定重要文化財)などがある。

お隣の湯前町、水上村、いわゆる奥球磨に行けばまだまだ色々なものがある。

そして何よりこのような歴史的なものの価値がわかる学芸員の方がいる。

この学芸員の方々が仕事しやすい環境を整えることでまだまだ夢のある取り組みができそうな気がする。

今度、多良木町長に話してみよう。

これからは奥球磨も楽しみだ。