日々雑感 みぞぐち幸治のひとり言

2009年09月14日 (月) 23:15

初の議会傍聴 by内山


こんばんは。9月のインターンを心待ちにしてた内山です。

今日は初の県議会に入り、傍聴させて頂きました。開会式ということもあり、議会の流れを拝見するような形でしたが、次から次に進行していかれるので、頭の切り替えとその内容まで理解するのは難しいところもありました。

本会議では、今まで活動されてきたことを取りまとめて、ある程度承諾済みであるためスムーズに進みましたが、議会後の青年局の会議では、これからの方向性など議員の方の熱い話合いを拝見することができました。メディアでは取り上げられませんが、地域の声に応えるため、もっと幸せな生活を一人ひとりが送るために、議論され日々努力されていることを改めて知ることができました。表面上だけを見て、意見を持つ人がいますが、もっとその課程を伝えて、評価できる機会を増やしてほしいなと強く思いました。

議員は、あらゆる情報を手にして見て、最後は自分で決めることが大切だとおっしゃられていましたが本当にそうだなと思います。情報を鵜呑みにせず、自分で判断した意志をしっかり持ちたいと思います。


次回の議会傍聴も一つでも多くのことを掴み取れるようがんばります。