日々雑感 みぞぐち幸治のひとり言

2009年12月16日 (水) 07:08

内閣総辞職に値する

午前7時8分。今日は寒くなりそう球磨人吉地方の天気予報はが付いている

政府が天皇陛下と中国の習近平国家副主席との会見を慣行を無視して強行した。

宮内庁と外務省では各国要人が天皇陛下との会見を希望する場合には、

陛下のご日程調整を円滑に進めるため、

1ヶ月前までには文書で正式に申請するように求めているそうだ。

今回はそのルールが無視され、民主党政権が天皇陛下を政治的に利用するような印象を国内外に与えてしまった。

民主党幹事長の会見も不愉快だった。

今回の出来事に対して苦言を呈した宮内庁長官に「文句があるなら辞めてから言え」

というような発言は、役人は黙っておけ、黙って命令だけに従えと言わんばかりだ。

いくら政権が代わって政治主導を目指すからといって、

役人が思ったことを自由に発言することまで押さえつけるのは適当ではないのではなか?

それよりもなによりも、民主党幹事長の会見からは天皇陛下に対する尊敬の念というか、

国民の象徴として、これからも国民みんなで守っていこうという気概が、

全く感じられなかったことが一番の問題だと思う。

先日は民主党幹事長率いる総勢600人を超える民主党訪中団の映像が流れていた。

普天間基地問題等で日米関係が微妙な時期に、

与党の国会議員が大挙して中国を訪問し、ペコペコ、ニコニコして国家主席と握手する姿に、

情けない気持ちと、日本の将来に不安を感じた国民は少ないはずだ。

もしも、自民党政権の中で、このようなことが行われれば、党内からは反発があり、

それこそ内閣総辞職の声が上がっていたに違いないと思う。

私はこれだけの出来事がありながら、民主党ないから異論がでないことを不思議に思うと同時に、不気味ささえ感じる。

今日はこれから観光審議会出席のため県庁に向かい、それから寒い阿蘇へ。