日々雑感 みぞぐち幸治のひとり言

2009年12月17日 (木) 06:33

ようこそくまもと観光審議会

午前6時33分。パソコン修理中のため、妻のパソコンからブログ更新。

前のブログで書いたとおり昨日は寒い阿蘇だった。

どんなところに行ったか簡単に記しておくと、

まず、阿蘇火山博物館で阿蘇ジオパークの取り組みについて。

勉強不足の私ははじめは何のことか良くわからなかったが、話を聞いているうちに引き込まれていった。

夢とロマンを感じるこの取り組みを今後も注目していきたい。

次に、阿蘇神社前の門前町商店街の取り組みについて視察。

その後、阿蘇管内の観光協会の方々と意見交換。

阿蘇デザインセンターをはじめ、それぞれの取り組みについて説明を聞かせていただいた。

中でも商店街の若手が笑顔で熱く語る姿にはパワーを頂いた。

はなびしの宮本さん、とり宮の杉本さん、ありがとうございました。

青井阿蘇神社を中心としたまちづくりの参考にさせて頂きます。

最後は「古閑の滝」の視察。

寒くなるとこの滝が凍るらしく観光客も増えているとのこと。

但し、若いアベックが多いと説明を受けた。

なるほど、駐車場から滝まで歩いてみるとその理由がわかった。

高齢者はちょっと歩けないような起伏の激しい道のりだった。

今度はぜひ、凍ったところを見たい!と少しだけ思った。

さて、今回の視察はとても楽しく勉強になった。

特に良かったことは、審議会のメンバーの方々と一日中いたことで、色々な会話ができたことだ。

このような審議会ではせいぜい名刺交換ぐらいで色々な会話をすることはあまりないが、

今回は一日中一緒だったので、それぞれからいろいろな話が聞けて本当に良かった。

そう言えば、かつて私と県議選を戦った本○節さんも出席されていた。(現在は仲良し

バスの中で熊本県のこと球磨人吉のことお互いの近況のこと等など色々な話ができた。

私が協力できること、本○さんの力を借りなければならないことなど私なりに整理もできた。

そんなことも含めて今回の「ようこそくまもと観光審議会」は大変有意義な視察だった。

今日は定例県議会最終日、早めに出発します。


のりy