日々雑感 みぞぐち幸治のひとり言

2011年02月15日 (火) 18:26

形骸化した会議

今日は午前中は県庁隣のテルサで熊本県障害者施策推進協議会に出席。

終了後は人吉に帰って午後から球磨地域保健医療審議会に出席。

この審議会が相変わらずだった。

実はこの審議会には県議会議員に当選した時に初めて出席したことを覚えている。

一方的に県の担当者の話を聞くだけで形骸化した会議であったため、当時、私は次の年から委員を辞退してきた。

私の代わりに私と同じぐらいの年齢の医師等を人選するように頼んでおいた。

しかし、結果は空席だったようだ!

それから7年が過ぎ、今年は厚生常任委員長を仰せつかったこともあり、会議が形骸化しないように工夫するようにとの条件を付け委員に就任していた。

そしてある意味楽しみにしていた審議会が今日開かれた。

内容は細かく書かないが、実にお粗末な会議だった。

こんな会議をどのこ地域でもやっているのなら税金の無駄使いだ。

私は費用弁償を受け取りたくない。

地域に対する想いや仕事に対する情熱がなければ地域振興局などは要らない。