日々雑感 みぞぐち幸治のひとり言

2015年07月05日 (日) 09:05

思いに寄り添いながら

おはようございます。

木原稔代議士が役職停止処分を受けることになり

約1週間が経ちました。

青年局とは無関係の会合での処分に違和感を感じると共に

「自民党若手議員の発言」という報道に触れる時、

一般的に自民党で若手と呼ぶのは45歳までだと思うのですが、

問題となった発言された方は50歳以上の方ばかりなので、

「自民党若手議員」との報道にも違和感を感じています。

しかし、木原稔青年局長が処分を受け止め、

その後も言い訳ひとつせず、活動している姿を見る時に、

私も木原代議士の思いに寄り添いながら

活動しなければならないと強く思います。

また、今回の件で安倍総理が

「党本部で行われた勉強会だから最終的には私に責任がある」

と発言され、報道の自由を守っていく認識を党員全体で

共有していきたいという考えを示されるに至ったことは

重く受け止めなければなりません。


青年局中央常任委員会議長としての任期も

あと僅かになりました。

木原局長の件とは別に残念な事件もありましたが、

最後まで木原局長の思いを大切に、

全国の同志と共に頑張りたいと思います。

今回の件を通して、「発言は、時と場合を考えて、

誰がそこにいるのかを確認して」とのアドバイスも頂きました。

私自身、これまで思ったことを素直に発言してきましたので、

これまでのスタイルを修正するのは至難の業ですが、

心掛けてみたいと思います。

それにしても「言論の自由」「表現の自由」について

日々考えさせられます!


呑む