日々雑感 みぞぐち幸治のひとり言

2009年05月12日 (火) 07:09

政治は国民のもの

午前7時10分。久しぶりにランニングからスタート。

汗をかくと気持ちいい~

さて、小沢民主党代表が辞任されたとのこと。

「出処進退は自ら決めるべし」という点では小沢代表が色々考えての決断だろうから別に言うことはない。

ただ、会見の様子を人吉に帰る車の中で聞きながら、「要は次の選挙で民主党が勝つために

辞める」と私自身は解釈した。

これで民主党に風が吹くとは思わない。

もちろん自民党に有利とも思わない。

こんなことで一喜一憂している場合ではない。

とにかく今は政局がどうのこうのではなくて、景気対策、地域浮揚策をどうするか、

そして憲法改正など、国家の根幹に関わる問題にいかに取組むのか。

それを一生懸命にやった政党が国民に必要とされ、次の選挙で勝利することができる

のではないかと私は思う。

「政治は国民のもの」

田舎の地方議員としてこの百年に一度と言われるこの時期に悔いのない仕事をしたい。