日々雑感みぞぐち幸治のひとり言

2005年7月の日記

2005年7月29日 (金) 19:15

  2005 / 7 / 23 ( 土 ) 20 : 16 : 04
明日から自由民主党青年部・青年局幹部研修で韓国を訪問する。
昨年は8月に台湾を訪問し今回2回目の研修である。
全国の青年党員、国会議員、県議会や市議会議員などの地方議員が一緒になって研修することは相互に理解も深まり、共通した国家観、国際感覚を持つきっかけにもなり、大変意義深いことだと思う。
特に今回の研修は日韓国交正常化40周年の節目の年でもあり、また最近の日韓関係を考えると、報道等で言われるとおり本当に日韓関係が悪くなっているのかを体感してくる重要な機会である。
明日から28日までしっかり研修してきます。

    2005 / 7 / 19 ( 火 ) 09 : 53 : 16
いよいよ梅雨も明け夏本番といったところだ。
夏といえば高校野球!私も高校時代に仲間と一緒に白球を追いかけ汗と涙した最後の夏の大会はこの時期には必ず思い出す。
その母校、人吉高校がシード校を破り3回戦進出の快進撃を続けている。
今日、ベスト8をかけて藤崎台球場で試合が行なわれる。
応援に行きたい!けど予定が一杯。
なんとか段取りしなければ。

    2005 / 7 / 13 ( 水 ) 00 : 44 : 28
今日は午前中は最近たまった事務処理に追われ、午後から事務所スタッフの祖父の葬儀、陳情対応、その後、40分のランニングを終え、鹿児島観光懇話会へ出席のため午後4時40分に鹿児島市へ向けて車を走らせる。

なぜ、鹿児島か?鹿児島からのからの観光客の入込が九州では一番多いからであり、歴史を振り返っても、薩摩藩にお世話になって成長、もしくは現状維持してきたのが人吉球磨、相良藩の成り立ちである
鹿児島の方々から貴重なご意見を頂戴し、今後の人吉球磨の観光振興へ是非、つなげて行きたいものでである。

    2005 / 7 / 10 ( 日 ) 07 : 54 : 49
つい最近まで渇水を心配していたのが一転、大雨で球磨川及びその支流が増水し、流域では河川氾濫の心配をする日々が続いている。
誰もが適度に雨が降れば良いとは思っていたはずだが、ここまで降ると困ったものである。
そろそろ止んでくれないと大変なことになりそうだ。

    2005 / 7 / 8 ( 金 ) 10 : 13 : 01
5日から7日まで財政対策特別委員会で岩手県、青森県に視察に行ってきた。
岩手県、青森県共に行財政改革には熱心に取組んでおられるが、近年の経済情勢、国が進める三位一体の改革で苦戦している姿は本県と同じであった。
その中でも、「熊本県は頑張っている!」ということを確認できたことは良かったような気がする。
今後も国が進める三位一体の改革には執行部と連携してしっかりと取組んでいきたい。

ところで、ロンドンで同時テロ発生。
オリンピック開催が決まり、またサミットが開かれているこの時期に、決して許すことができない行為である。